新製品事業化促進助成事業

県内に事業所を有する中小企業者や小規模企業、中小企業や小規模企業のグループなどに対して、新製品の事業化のために必要なマーケティングやブランディング、デザイン開発などに要する経費の一部を助成します。

助成限度額及び助成率

助成限度額は100万円、です。対象経費の2/3以内となります。

応募期間

平成29年4月18日(火)〜平成29年5月26日(金)

対象となる事業

  • @ 商品及びデザイン開発事業
  • A 新製品に関する情報収集事業
  • B 新製品に関する市場開拓事業
  • C 新製品に関する情報収集事業又は市場開拓事業に準ずる事業

対象となる経費

@ 商品・デザイン開発事業

  • 商品開発に必要な、原材料、機械装置・工具装置のリース・修繕に要する経費、外注費及び技術コンサルタント料
  • 商品・デザイン開発事業の一部を委託する経費
  • 上記に掲げるもののほか、財団が特に必要と認める経費

A 情報収集事業

  • 専門家や職員等の旅費
  • 会議や印刷製本、資料等の購入及び通信運搬に係る経費、原稿料並びに翻訳料
  • 情報収集事業の一部を委託する経費
  • 上記に掲げるもののほか、財団が特に必要と認める経費

B 市場開拓事業

  • 専門家や講師等に支払う謝金
  • 専門家や職員等に支払う旅費
  • 会議や印刷製本、資料等の購入及び通信運搬に係る経費、原稿料並びに翻訳料
  • 上記に掲げるもののほか、財団が特に必要と認める経費

事業の採択

6月下旬(予定)に書類審査を行い、応募の中から2件程の事業について採択を決定いたします。
採択の要件は、新規性/独自性、研究開発の実現可能性、研究方法の妥当性、成果の事業化可能性です。

助成事業の内容の公表

助成決定事業は、事業名、事業者名について、公表いたします。

助成金の返還

事業終了後、当該助成事業の成果により、一定以上の収益を得たと認められた場合は、助成事業者に対し、助成を受けた全部又はその一部を返還していただきます。

応募資格・要件

他に国や地方公共団体等の助成金等の交付を受けている事業は、応募することはできません。

留意事項

助成事業の期間

  • 交付決定日から12か月以内です。

助成金の支払い時期

  • 原則として助成事業完了後の清算払いです。

実績報告

  • 助成事業が終了したときは、所定の様式に必要な書類を添付して、事業の実績を報告していただきます。また、必要に応じて、事業の進捗状況の報告を求める場合があります。

事業の効果に関する調査

  • 事業完了から一定の期間、決算書をご提出いただくなど事業の効果について確認させていただきます。

財産処分の制限

  • 助成事業により取得し又は効用の増加した財産の処分には一定の制限があります。

お申し込み

所定の申請書類にてお申込み下さい。

お問い合わせ

この内容についてのお問い合わせは下記までお願い致します。

やまなし産業支援機構 新事業創造課
〒400-0055山梨県甲府市大津町2192-8
TEL:055(243)1888
FAX:055(243)1885